タイトル/戦争と平和 Com-Support Official Website
「遥かなる根津山−戦前・戦中・戦後…根津山は何処へ−」
  絵:矢島勝昭 ※著作権は作者に帰属します 更新日:09.11.26

タイトル:悲しみ

絵:根津山を開墾した畑
太平洋戦争(大東亜戦争)が始まると、食糧事情も逼迫し、
「根津山」の笹原を開墾して野菜畑を作る人もでてきました。
根津山ガイド



絵:根津山の畑のための種屋
その畑などに蒔く種を売る種屋さんもできました。
女の人が二人で商っていました。
根津山ガイド



絵:出征兵士を送る
都電通りの行列は、戦地に向かう出征軍人を送る人々の列です。
「根津山」の道を通り「池袋駅」から、指定の連隊へ、そして戦地へ行くのです。
根津山ガイド




悲しいことに、戦って戦死する人も出てきました。
少年団員が呼び出され、豊島区公会堂での合同慰霊祭へむかうのです。
根津山ガイド
絵:旧豊島公会堂

  その頃の公会堂は、現在の帝京平成大学の角にありました。


絵:戦没者区民葬へ向う少年団員
※少年団員について
昭和7年(1932)に日本少年団連盟高田第四少年団が創立。イギリス式で制服があり自由参加。昭和15年頃に解散。昭和16年(1941)開戦と同時に大日本青少年団結成。ドイツ式で制服はなく、団旗は“双頭の鷲”。子どもはみんな強制参加。同じ頃、尋常小学校は国民学校となった。



絵:防空壕と退避壕
アメリカとの戦争で、「根津山」に大きな防空壕ができました。小さい退避壕も掘られました。
小学生はみな集団疎開で、「根津山」で遊ぶ者もなく、寂しい山になってしまいました。
根津山ガイド





絵:戦争末期の池袋駅の東、根津山とその周辺図



同時代の参考年表

昭和16(1941).12.08 太平洋戦争(大東亜戦争)はじまる
昭和16(1941).12.16 物資統制令公布
昭和17(1942).02.21 食糧管理法公布
昭和17(1942).04.18 東京にはじめての空襲被害
昭和18(1943).05.03 政府、国民動員実施要綱決定
昭和18(1943).06.01 東京都制公布(同年07.01施行)
昭和18(1943).08.10 戦時衣生活簡素化実施
昭和18(1943).08.15 主要食品の総合配給制実施
昭和18(1943).10.12 出陣学徒壮行大会
昭和19(1944).07.31 建物疎開完了。区内では山手線沿線と池袋駅・大塚駅付近などで行う
昭和19(1944).08.23 女子挺身勤労令・学徒勤労令各公布
昭和19(1944).12.12 空襲、雑司ヶ谷1〜4丁目、日出町1・2丁目、高田本町1・2丁目、
               西巣鴨1丁目、池袋1丁目に被害



戦前(明治-昭和初期)戦中1/戦中2/戦中3戦後(昭和20-61)



Communication-Support,Limited Partnership. All Rights Reserved.
無断転載はご遠慮下さい。